田代 裕基 作品展
White Sign − 白い気配


 

 
2018年 2月2日(金)〜25(日)
12:00〜18:00 月・火定休
作家在廊日    2日(金),15日(木),21日(水),25日(日)
 
スタジオ 侶居 オープニング企画展として、彫刻家の田代裕基作品展を開催いたします。彼は木の塊に対峙し彫るという行為で、心が救われるような気がすると言います。それは祈りに等しいことなのかも知れません。
今回は新作「White Sign-白い気配」を中心に、力量を感じ取っていただける作品を展示いたします。
皆様のご来場をお待ちしております。
 
 
 
 
 
 
日本古来から残る八百万の神という思想、あらゆる物に神が宿り、万物に感謝と畏敬の念を抱く。ここには日本人が持つ「気」や「間」という、モノに宿る余白への信仰心を見て取れる。
気配・雰囲気・佇まい。目には映らないが確実にそこに在る何か、それを感じ取る事が人間の見るという行為の大きな部分を担っているのではないだろうか。
木と向き合い刻み・彫る事で、そこにおぼろげな像と共に微かなカタチの揺らぎや傾き、ひねり、流れが生まれた時、そこに見る者の心が映り込む、鏡のような移ろう気配が宿り始める。
命無き物に命を感じ、心無きところに心を見出す。見る者の心の様が、白い気配に色をさす。
田代 裕基 
 
 
 
田代 裕基 Hiroki Tashiro
 
【略歴】
1982年 岐阜県生まれ
2007年 東京造形大学造形学部美術学科彫刻専攻卒業
2014年 文化庁海外派遣制度によりドイツに渡独
2017年 「ちそう菰野 GALLERY CHISOU」主宰
www.chisoukomono.com
 
【主な個展】
2007年 「HARMONY」ギャラリーエス・東京
2010年 「Inside Out」東京
2013年 「ミチビカレ」ギャラリー小さい家・岐阜
2015年 「Form of the time」スタジオT・ドイツ デュッセルドルフ
 
【パブリックコレクション】
高橋コレクション