Belpasso Exhibition
捧 恭子 の ウェアラブルアート  − アクセサリー展 −


 

 

 

 
2018年 4月5日(木)〜15日(日)
12:00〜18:00 期間中無休
作家在廊日 5日(木)〜8日(日)
 
侶居の第二回企画展は、「ウェアラブル(身につける)アート」と題して、シューズデザイナー 捧 恭子のアクセサリー展を開催します。本来靴で使用する丈夫で滑らかな革を使用したアクセサリーです。
彼女は三重県名張市生まれで、1991年にBelpasso(ベルパッソ)というブランドを設立し、東京神楽坂でオーダーの靴づくりをしています。2015年には東京マイスター知事賞を受賞しました。
毎年イタリアに買い付けに出かけ、上質で貴重な革をみずから仕入れています。その革を隅々まで使いたい思いから、革のアクセサリーを作り始めました。アイリスチョーカーは、上質な鞣し革で「花びら」の軽やかさと柔らかいフォルムを表現しています。紐の調整でチョーカー、コサージュ、髪飾りなどオリジナルな使い方ができます。
革製ベスト、ブックカバー、指輪、栞なども展示・販売いたします。流行にとらわれず長く使っていただける逸品です。どうぞこの機会に身につけてお試しください。
 
 
また、アクセサリー展に先立って三重県津のVOLVOXで、靴展も開催されます。
2018年3月28日(水)〜4月3日(火)
11:00〜19:00(最終日は17時迄)
VOLVOX 
三重県津市栄町一丁目888 四天王会館1階
 
 
 
捧 恭子  Kyoko Sasage
 
【略歴】
1986年 金沢美術工芸大学大学院 工芸科染色専攻 修了
1986年 (株)ヨーガンレール入社 テキスタイルデザインに携わる
1990年 ミラノの靴学校 ARS STURIA in Italia にて靴作りを学ぶ
1991年 Belpasso設立
1991年 第1回個展「青山PROGETTO」
 以後毎年、靴の個展を行う
1994年 エスペランサ靴学院にてデザイン講師を務める
1994年 銀座ヨシノヤにて靴の企画・デザインを行う(2011年まで)
2005年 ヒコ・みずのジュエリーカレッジシューメーカーコースにてデザイン講師を務める
2015年 平成27年度東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞 受賞
2016年 10月三重県津市 VOLVOX にてBelpasso 25周年の靴展を行なう
日本各地での個展、神楽坂アトリエでの靴制作・オーダーメイドの活動を続ける