KiKusa
Exposition de Botanique
PARLER AVEC LES FLEURS
                 
草花と語らう 展
 

 

 

 

 
2018年6月6日(水) ~ 19日(火)
12:00~18:00 期間中無休
作家在廊日 6日(水)、9日(土)、10日(日)、17日(日)
 
KiKusaとの出会いは、
ワークショップ「木と草の学舎」でした。
一緒に野山を散策し、気にも止めていなかった草花の名前を知り、陽に向かい伸びる蔓や枝葉の美しさに気づくことで、心が豊かになることを学びました。
自ら採集した数百のナズナやエノコログサなどを乾燥させ、命を内包するかのように編んで作られた花環。
人知れず樹に寄り添っていた蔓草や草木を想い、その場所を再現するように作られた鉢植え。
水無月は枝葉が萌え、夏の花が咲き始める時期です。KiKusaと植物が共鳴し合い、作り上げた作品をこの機会にぜひご覧ください。
 
 
 
 
雨が降った後に土から立ち上がる匂いのように、
大空を往く風のように。
目には見えなくても確かに「ある」ものを感じることができる。
 
小さな草花が緑野に蕾を膨らませ、音もなく花を咲かせる。
花の声は聞こえなくても、清新でさわやかな気持ちが心に残る。
声なき言葉に耳を傾けて野山の植物を知る。
 
草花に触れる、愛でる、豊かな声を感じる展覧会。
 
堀之内信哉(KiKusa)
 
展示作品
山の木や蔓実、野の草花でつくる植物の花環(リース)やオブジェ、
野山の木や蔓の鉢植え、押野花、額装作品、植物写真カードなど
 
 
 
KiKusa 略歴
 
2007年 植物の自然な姿を求め、野山の鉢植え・植物写真作品の制作を始める
2008年 「KiKusa」設立、大阪で店舗を構える
2013年 三重・松阪に移り、野山の植物を象る創作を進める
2017年 松阪の自宅アトリエにて、植物を学ぶ場「木と草の学舎」を始める
 
堀之内 信哉 Shinya Horinouchi
KiKusa主宰、アートディレクションと植物制作
絵のような植物写真と質感を大切にしたグラフィックデザイン
 
堀之内 彩 Aya Horinouchi
人と植物に向き合い感性でつくる植物制作